ダイエットを持続させる心の心理

ダイエットを続けるのは大変です。心の持ちようが大事ですね

 

今までは何も気にしないで色んなものを食べていたのに、ダイエットをすると我慢することも沢山あって、もうやめようかなって気持ちが折れそうになってしまうことってありませんか?
ダイエットを持続させる心の持ちようについて、どうしたら続けていけるのか、大きな問題ですよね。
周りの人が美味しそうに食事しているのを見たりすると、何で私だけがこんなに努力したり我慢しなくちゃいけないんだろう。体重が落ちないからもうやめようかな。どうせリバウンドするからやめちゃおうかな?なんて気持ちになりがちです。
でもダイエットは人のためにするものじゃなくて、自分のためにするものですから、出来るだけ持続させなければ意味がありません。

足ダイエット,太ももダイエット

 

ダイエットを持続させるには、まず何で痩せようと思ったのかを意識するようにすれば良いんじゃないかな?
目の前にある我慢とか辛さを我慢するんじゃなくて、みんなを見返すためとか、綺麗になっていっぱいおしゃれしたいとか、ダイエットをするきっかけになったことを思い出して、痩せた後の自分の姿を想像すると良いと思います。

 

もう1つは、あまり徹底し過ぎないことも大切だと思います。
例えば果物だけしか食べないダイエットなんかをすると、飽きるし強制されている気がしてストレスが溜まります。ストレスが一気に爆発してしまうとそこから、「まあいいか」「もういいや」「もうしらない」「無心」の気持ちが一気にきて食べてしまいリバウンド。
そうならない為にも、果物をメインにして、その他に1日一回は好きなものを食べるようにするとか、少しゆとりを持っておくと、気持ちが楽になって、ダイエットのストレスも減るから持続していきやすいんじゃないかなって思います。
ダイエットを持続させる心の持ちようについて、自分なりの余裕を見つけると良いと思います。

 

ダイエットするにあたって

  • イメージする事が良いと思います
  • 周りを見返す為
  • 綺麗になりたい
  • 可愛くなりたい
  • たくさんお洒落したい

 

体重を落とす事に対してあまりにも徹底しないで、なるべくストレスを為過ぎない様に心の持ちようが大切です。

 

成せばなる!の気持ちでダイエット。イメージしましょう。

 

 

体重計に乗る心理

 

 

トップページ